sound page blog page aeronauts web-site contact contact contact live Schedule

Electric Star​(​EP)

by aeronauts

supported by
/
1.
2.
3.
4.
03:42

about

aeronauts's 1st Single(2003.04)

credits

released April 23, 2003

aeronauts are gendai matsuyama
tomowo morikawa
arata ikemoto
tadayasu kitade


produced by aeronauts & tetsu yoshida
recorded & mixed by hideki kodera
assisted by yosiko mori

mastered by ryuichi tanaka (Mixer's Lab)

promotion:kana matsumi
yuzo fukuo
kazumi sano

illustration: koji tomoto (balls)
photo:kaoru taura(TAU Lab.)
design::rumi shigihara

exective producer: yukio hiasa

thanks to: 9SPACE MARKET,CRAM-BO,Wataru Sano,Tsuneo Ogura,Masahiro Hiranuma

tags

license

all rights reserved

about

aeronauts 東京都, Japan

aeronauts are an alternative rock band with roots in emo, new wave, and hard rock music.
Currently based in Tokyo, the band originally hails from Osaka.The original 4 members, still together after 18 years, continue to perform what some critics claim is "the most ridiculous indie rock music" to packed clubs throughout Japan. The band has international aspirations and are looking for next big break ... more

contact / help

Contact aeronauts

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Track Name: Electric Star
一瞬の間に忘れ去れば どんなに不安があって
ELECTRICな僕ら 笑っていられるだろう?
いつでもボタンひとつで 輝くはずだって

単純な会話で満たされ出す 複雑な街の空には
FRUSTRATION 僕の願い浮かんでるだろう?
出口は何処にたって ありそうな気配で

何かできると 錯覚していたって

見上げはじめた僕らはまだ 星ひとつだって見つけてないが

駅の隔段すれちがう人の夢は疲れたままでも
ELECTRICな僕ら とどまることなど
知らずにいるんだって わかりだしたら

何かできると 錯覚してみようか

見上げはじめた僕らはまだ 星ひとつさえ見つけちゃしいないが
期待外れの刺激を 求めることなどやめにしないか

風がまた冷たく刺しても 僕の中熱くなる
何か大切な感情 生まれだしてるんだ

見上げはじめた僕らはまだ 星ひとつさえ見つけちゃしいないが
期待外れの刺激を 求めることなど必要ないさ
輝きはじめた僕らが 星になってしまえばいいさ
Track Name: Myway or Highway?
そう 不安がっていた
どこか遠い君の瞳 何が写って?

そう ずれかかっていた
僕らはそっと 大人ぶっていた
間違っているんだ

Myway or Highway?
どうぞ 好きなほうへ
僕はずっと君のそば
通じ合っていないような
言葉忘れて僕を見つめて


そう 聞きたがっていた
悲しそうなあの歌 いつも君が歌って

愛されたがっていた
僕らはきっと 強く願っていた

明日の朝 どこだって
キミが選んだほうへ
間違っていたって

Myway or Highway?
どうか 僕のほうへ
届かぬ手をのばして
崩れてしまいそうな
僕を忘れて 遠く見つめて


この手 のぱしたまま
すれ違いそうになったって

Myway or Highway?
どうぞ 好きなほうへ
僕はずっと君のそばで
崩れてしまったって
言葉忘れて 僕を見つめて
言葉忘れて 僕を見つめて
僕を忘れて 遠く見つめて
Track Name: Kimi No Tameni Dekiru Koto
カンタンな言葉を繰り返して 疲れたって
作戦にはまってあげてたつもりでいただけなのに

君と最後に話したのは2週間も前のことで
読みかけで残した小説なくしたみたいで

ずっと分かりあえる そんなそれた恋じゃないって
信じてもない言葉で誤魔化してたけど

急いで走るんだ まだ離れてないさ
少しでも今 君のために笑っていたい

うす紫がかったあの空の下を 歩いたふたり
坂道が少しはきつくてもいいんだよ
君がいれぱ
カンタンな言葉の中にあった大切なもの
僕の思い通り伝わることなくいたのかい ?

じっとそばに座る幻 君が僕に笑った
覚えてる君の声はまだ聞こえないけど

間違いだって僕ら手をつないだまま
いつまでもずっとあの空色に染まって
急いで走るんだ まだ離れてないさ
できれば笑って

ずっと分かりあえる そんな大それた恋じゃなくって
君のためにできること
こんなにあるんだよ それだけでいいんだよ

間違いだって 僕ら手をつないだまま
いつまでもきっと あの空色に染まって
カンタンな言葉が隠し持った愛を
今ならそう
間違いだって ふざけあったって
すぐそばで君を感じていたいから
急いで走るんだ どんなに離れていたって
できれば 笑っていよう
君のため…
Track Name: Tainai-Kairo
ボクの体内同路ショート しても足りない衝働待ってんだろう
ボクの体内温度上昇 肩が触れ合う程度想像してんだろう
だけどそう大事なものって すぐ近くにありはしないと
上手く言えず黙って

歌うコト忘れた鳥がまた舞いあがるのさ
最低限度なんて どこにそんな基準があるというんだろう
当たり前のように笑って 当たり前のように泣いたって
上手く言えるはずもない
歌うコト忘れた鳥のようなつもりなんだ
先走る言葉は誰の心にとけてゆく

体内団路だってこわれ 体内温度上がって
当たり前のように泣いて 恥ずかしげもなく
アナタに伝えよう

ギリギリの隙間を傷つけあって飛んでゆこう
先走り出す言葉は誤解されやすいけど
歌うコト忘れた鳥がまた舞い上がるるのさ